//******以下Google Analitics トラッキングコード***** //******ここまで*****

現在、日本ではたくさんの種類の水素水が販売されていまが、それらにはどんな違いがあるのでしょうか。また自分に合った水素水はどの種類になるのでしょうか。作り方と入れる容器の種類に分けて比較してみます。

 

まず初めにアルミパウチタイプですが、これはよくコンビニで販売しているように、手軽に持ち運べて飲むことができます。

アルミパウチは、金属の層が何層にも重なっているので、水素が抜けにくいという特徴があります。アルミボトルタイプも手軽に飲める点は同じですが、パウチよりは水素が抜けやすくなります。

 

ウォーターサーバー・タイプは、水道水をそのまま水素水に変える機種もあり、分量に制限なく利用できるので、多くの人達が集まる施設で好まれています。個人で使うにはコストが高いのが難点です。

 

水素水ポットは、飲用前に専用のカートリッジを上下に動かして、ミネラルウォーターに水素水を溶け込ませるタイプです。例えるなら、縦型の円柱で紅茶を作るときに、網の金具を上下動かして、茶葉から効率よく紅茶をつくるイメージでしょうか。

このタイプは水素水をお手軽に作ることができますが、水素は抜けやすいので作った分はすぐに飲む必要があります。

 

スティックタイプは、ミネラルウォーターに水素を発生させる専用スティックを入れて、シェイクすることで水素水を作ることができます。自宅で手軽に作ることができ、アルミパウチタイプよりも安価に飲むことができます。

 

以上のように水素水にはいくつかの種類がありますので、ご自身のライフスタイルに合ったものを選んで日々の健康や美容に役立ててください。

© 2016 水素水の効果について rss